FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「1920's」ルール説明-その2

今回は得点計算のしかたとカードの紹介です。

1920'sでは獲得した利権カードと手札に残った構成員カードによって得点が決定します。
利権カードには「密造酒」「サプリメント」「賭博」「密輸武器」「煙草」「不動産」の6種類がありそれぞれ価値が異なっています。
密造酒 これが利権カードです。

利権カードはその種類の利権を持っている人数に応じて価値が変動します。
たとえば上の「密造酒」の場合、持っているのが1人だけなら1枚につき12点、2人なら7点、もし全員が所持しているなら
1枚につき1点にまで下がってしまいます。
自分が多く獲得している種類の利権はできるだけ独占を狙うことで高得点を得ることができます。

構成員カードは手札として配られた1~9の数字の書かれた色つきのカードで、書かれた数字がそのまま得点となります。

工作員ー1b 構成員ー5b これが構成員カードです。青、赤、黄、緑の4色があります。

構成員カードは後述のコネクションカードを使うことで手札に温存しておくことができます。

そして最後に直接は得点にならないコネクションカードです。
コネクションカードには「政治家」「高級娼婦」「軍隊」「警官」「暗殺者」の5種類があります。

政治家 娼婦 これがコネクションカードです。

コネクションカードは利権カードと同様に山札から獲得するカードで、利権カードとは違い獲得したら手札に加えます。
そしてコネクションは構成員と同じように場に出すことができます。
コネクションは最後まで持っていても得点にはなりませんが、その代わり場に出したときに発動する特殊な効果を持ちます。
効果はそれぞれ違っておりカードを捨て札にしたり移動させたりする効果を持っています。
また、コネクションカードを使用することで手札に構成員カードを残しておくことができます。


これにて1920'sのルール説明は終了です。
では、ゲームマーケットでお会いしましょう!
スポンサーサイト

「1920’s」ルール説明-準備編

今回は「1920’s」のルールについて説明します。
「1920’s」はバッティングエリアマジョリティの二つの要素を持つゲームです。
このゲームは4人専用ゲームとなっています。

最初、各プレイヤーは1枚の「工作員」と8枚の「構成員」というカードの計9枚を手札とします。
これは全プレイヤー共通で、各プレイヤーごとに専用の色があります。

工作員ー1b 構成員ー5b

この「構成員」には2~9の数字が書かれており、その数字がカードの強さとなっています。
プレイヤー達の中央には「利権カード」と呼ばれるカードの山札を5つ作っておいておきます。

説明1

これでゲームの準備は完了です。

次の更新ではゲームの進め方について更新いたします!
プロフィール

箒星

Author:箒星
アナログゲーム制作サークル「じゃがいも騒動」の代表の「箒星」です。3/9のゲームマーケット2014大阪に出展いたします!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。